写真でお金を稼ぐことができる⁉︎どうやったらお金になるのか?

今はスマホの発達によって写真を撮ったことがない!という人はほぼいないと言えるでしょう!いつでもどこでも写真を撮れるようになった時代だからこそその写真でお金を稼ぐことができればとても助かるとは思いませんか?そこで今回は「写真でお金を稼ぐ」をテーマにまとめてみました。

写真がお金になる理由

では、なぜ写真がお金になるのか?その理由から先に紹介しましょう!

そもそも最近では写真というものはとても重要視されています。その象徴とも言えるのが「Instagram(インスタグラム)」で「インスタ映え」と言われる言葉が生まれるくらい良い写真というものには価値が出るご時世です。ですが写真をお金にするのにインスタグラムを利用するわけではありません。ただの写真の重要性をお伝えしただけです。

その理由はインターネットのコンテンツが増えたことによって写真を利用することが増えたためです。

いい写真使うことによって人が集まりやすくなるために有料でもいいから良い写真を使いたいと思う企業や個人が増えました。

どんな風に写真を使われるのか?

商用目的に利用したいと思っている企業がそのイメージカットとして利用されることが多くなります。例えば旅行代理店などでは、パンフレットに使う風景写真を社員自ら撮りに行けば時間もお金もかかってしまいますが、必ずしもいい写真が撮れるとは限りません。

そこで有料であったとしても、良い風景写真があればそれを使った方が見栄えも良いので買ってしまおうということになるのです。

他にはイメージ画像などは見たことありませんか?内容によっては本物の写真を使えないけどそれに近いような写真があれば読み手としてもイメージがしやすいというものがあります。

テレビなどでもイメージ画像はよく利用されています。その時に利用されているのが商用目的に利用できる良質な写真となっています。

どうやったら写真を使ってお金を得ることができるのか?

PIXTA(ピクスタ)

写真販売では国内最大手とも言える企業になります。プロアマ問わず、経験なども問わず誰の写真・動画・イラストなどを販売することが可能となっています。

テレビや音楽関係などで利用されることもあるためにもしかしたら自分の撮った写真がテレビやCDジャケットとして世に出るなんてこともあるかもしれません!

iStock(アイストックフォト)

200を超える国で利用されていて150万人以上の顧客を抱えている「アイストックフォト」は世界最大規模のグローバル配信ネットワークがあるため、販売した写真が世界中の顧客の目に留まり世界に向けた販売ができることもあるかもしれません!

フリマ感覚で売れるアプリもある!

「Snapmart(スナップマート)」と言われるアプリがあります。スマホで撮った写真をそのままアプリでアップするだけで販売することが可能となっています。他にも毎日フォトコンテストを開催しているのでそのテーマにあった写真を出品することで参加することが可能となっています。受賞すると500~1,000円程度かもしれませんが、受賞したことでその写真は売れやすくなるということもあります。

どんな写真が売れやすいのか?

売れやすい写真は企業が使いやすい写真になります。そのため目的やテーマがはっきりしていると企業も使いやすいと言えるでしょう。

例えば子供の写真を撮りアップするだけでは誰でも撮っているので、秀でた容姿などでした話は違うかもしれませんが、「子供+水泳」などでしたら例えば「スイミングスクール」などで利用することができます。

他には人が簡単に撮ることができないような写真を撮ることができればそれは希少価値がつくので利用したい企業が増えると言えるでしょう!

例えば滅多にみることができない野生動物の写真や動物がやらないようなことをやっている瞬間を激写した1枚なんかではとても売れやすいと言えます。

風景写真でもただの写真ではプロが撮った方がきれいに撮れるでしょう!例えばダイヤモンドダストのように簡単に見れるものではないがそれを撮れた時は幻想的な写真となるので売れやすくなると言えます!