株で稼ぐ

今の若い人は老後の年金がもらえなくなる、もしくは受給開始の年齢がどんどん高くなっていくといわれています。

なので副業や投資といった本職以外で稼ぐことが重要となってきています。

投資と聞くと株やFXなどを思い浮かべる場合が多いと思いますが、どうしても最初は難しく感じなかなか踏み出せない人が多いです。

いきなり大金を稼ぐことは難しいですが、お小遣い程度なら覚えることはあるにしろそこまで難しい事ではありません。

どんなもの?

株と聞くと少し難しく考えてしまいがちですが、そこまで難しく考える必要はありません。

業績がいい会社やこれから成長しそうな会社、他にも好きな会社などを選びその会社の株を買い応援するようなものです。

馴れてきたらいろいろな情報を手に入れ会社を見極めて株を買いますが、最初のうちは自分のよく使っているものなどの会社でいいと思います。

自分も最初はイオンの株を買いました。

どうやって利益が出るの?

  • 売買益
  • 配当金
  • 株主優待

この三点があり自分にあったスタイルで投資していきます。

売買益

株の値段(株価)は常に変動しています。

なので安い時に買い高い時に売って利益をだします。株とか投資とかと考えると少し難しく感じますが、実際はとてもシンプルです。

例えば100円の時に買い110円で売れば10円の利益です。

短期~長期にかけて収益をだします。

配当金

配当金は会社の業績に応じて株を持っている人にその収益の一部を分配するものです。

業績が悪かった場合は配当金が出ないこともありますし、そもそも配当金がないところもあるので株を買う前に確認が必要です。

決まった時期に株を持っていなくてはいけないので売買益にくらべ長期になりがちです。

株主優待

株主優待とはその会社の製品や商品券などが会社からもらえるもので、他のものと違いお金ではありませんがなかなかいいものが貰えます。

配当金と同様に決まった時期に株を持っていなくてはいけないので長期になりがちです。

口座開設

株を買うには口座の開設が必要となります。

この口座開設には本人確認書類が必ず必要となり少し手間がかかります。

多くの人がここで面倒がってなかなか始めれずにいますが、自分の将来のためなので少しでも早く行動に移した方がいいです。

こんな時代なので投資を始める人も多く、出遅れることはデメリットでしかありません。