初心者必見!FXのメリット・デメリット

FXとは?

FXとは「Foreign Exchange」の略で、正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。

為替取引には、2つの通貨を取引します。日本円でアメリカドルを買うと「ドル買い」や「円売り」ということになります。

利益がでる仕組み

FXでなぜ利益を出すことができるのでしょうか?

それはお金の価値は一定ではなく常に変動しています。

例えばアメリカに行って、10万円をドルに両替した時「1ドル=100円」だったとすると「1,000ドル」になります。でもそのお金を使わずに日本に帰ったとしてその時「1ドル=110円」だったら11万円になり「1万円」利益となります。

これがFXの基本となります。

どうやって儲けるの?

1ドル100円の時に買い110円の時に売ったら「10円の利益」となります。

その利益を出すために為替価格を予想します。上昇すると思えば通貨を「買い」下降すると思えば「売り」をしていき利益を出して行きます。

予想が100%当てることはプロのトレーダーでも難しいです。そのためにはいかに負けを少なくするかを考えなくてはいけません。予想に反した時には損害を大きくなる前に手放してしまいます。それが「損切り」と言われるものです。

メリット

株式取引などと違い少ない金額から始めることができるという点や利益が当日確定することができる点がメリットになります。

他には「レバレッジ」がある点や24時間好きな時間に取引することができる点などが最大のメリットといえます。

デメリット

デメリットはやはり「リスク」になります。FXは投資になるために予想に反した時は自分の資金がなくなっていきます。それが最大のデメリットとなります。「レバレッジ」を使うと利益もでかくなりますが、損害も大きくなります。

「ハイリスク・ハイリターン」になるということを理解した上でおこなわなければいけません。

レバレッジとは?

レバレッジとは、「てこ」や「てこの原理」といった意味で資金を底上げして取引をすることができます。日本の会社では最大25倍までなので、自己資金40,000円で100万円分の取引をすることができるようになるものです。

100万円での取引なら1円上がるだけで1万円の利益となります。ですが、反対に1円下がるだけで1万円の損害になってしまうということになります。

FXは24時間取引可能!

株式取引と違い24時間取引をすることができます。できないのは土日のみで平日は好きな時間に取引ができるので、夜中に副業としてやっている人も多くいます。

なぜ24時間取引が可能なのか?

世界中に取引市場があり、時差の関係でどこかの市場は取引がおこなわれています。ニュージーランドのウェリントン市場が日本時間の朝5時から取引が始まり、シドニー、東京、シンガポール、ドバイ、フランクフルト、ロンドンの順番で取引が移っていきます。ニューヨーク市場は日本時間の21時から翌朝6時まで取引されているので、24時間取引が可能となります。

リスクを覚悟の上で無理のない金額から始めましょう

FXで稼げるようになれば大きな利益を生み出せるようになります。ですが、投資にはリスクがつきものです。最初からうまくはいきません。まずは無理のない金額から始めてみてなれてきてから金額をあがていきましょう。

最近では「デモトレード」を行えるところが多いので、まずは「デモ」を自分のお金と思ってやってみてそれから始めるのもおすすめです。

投資はギャンブルとは違い、緻密な計画や鋼の精神力が求められます。しっかりと勉強してからやらないとレバレッジを使いこなせません。

損害が出たからといって熱くなってしまっていたら冷静な判断が出来ずにズルズルと負けてしまいます。

一回の取引で考えるのではなく、1日のトータルや1週間や1ヶ月で見れば小さいものです。負けは負けで切り替えていきましょう。