FXって?どんなものか?稼ぐことが出来るのか?

FXって聞いたことはあるけど実際にどんなものか詳しく知らない!稼げるのは一部だけで普通の人はどうせ稼げないでしょ?なんか怪しい。などさまざまな思いがあるかもしれません。

ですが、FXとは誰でも簡単に稼ぐことは出来ませんが本質を把握して自分の身の丈にあったことをすることで有効は投資方法になります。そこで今回は「FXって一体どんなものなのか?」をテーマにまとめてみようと思います。

FXとは一体なに?どんなものなのか?

FXの正式名称は「Foreign Exchange」といい日本語の正式名称は「外国為替証拠金取引」というものになります。

どう言ったものかというと異なる通貨の売買というものになります。世界にはたくさんの通貨というものがあります。日本では「円」アメリカでは「ドル」イギリスでは「ポンド」などその国によって通貨も違えば価値も違います。

その通貨を買ったり売ったりするのが「FX」というものになります。

儲けが出る仕組みとは?

1ドルが日本円でいくらか知っていますか?2019年12月で平均「109円」となっています。でも2018年と2017年の12月は「112円」でしたが2012年の12月の時は何と「83円」でした。過去高い時には「1ドル=360円」という時代もありました。この値段の価値は世界情勢などによって常に動いていています。

2012年の時に100万円をドルにかえていたらいくらになるでしょう?答えは「12,048ドル」に両替することが出来ますね?ではこの「12,048ドル」を今の日本円に再度両替をしてみると「1,313,232円」になります。差額は「313,232円」儲かったことになりますよね?これがFXの本質とも言える為替取引になります。

通貨が安い時に買い、高い時に売るという商売と同じようなことをするということになります。

為替の動きはどうやってわかるのか?

為替の動きは誰にもわかりません。それこそプロの投資家の人たちでさえ100%的中させているわけでもないでしょう。

でも予測することは出来るようになっています。どんなことで予測するのでしょうか?それはニュースをみて世界に常にアンテナを張っておくことで予測を立てやすくなるということになります。

世界のニュースなんていうと難しく思えてしまいますよね?それならばわかりやすく考えてみましょう。

例えばあなたが八百屋さんを経営しているとします。農家さんから安く買って高く売ることで利益を出すことが出来ますよね?

きゅうりを100円で買ったものを150円で売れば1本50円の利益を得ることが出来ますが、近所のスーパーで特売をするという話を聞いて特売価格1本50円で販売をしているとしたらきゅうりの価格が下がっているので、100円で売っている自分のお店では誰も買ってくれないので、こちらも50円にしたら50円の損失ということになりますよね?

でもそこのスーパーは毎月決まった時に特売をしているとしたら、特売の日はきゅうりが安くなるから売るのを辞めよう!ということも出来ますし、むしろいつも100円で仕入れているのでそのスーパーから買ってきて自分のところで販売すれば100円の利益を得ることが出来るということにもなりますよね?

同じように値動きにも似たようなことがあります。月曜日と金曜日は週明けと週末なのでまとまった注文が入りやすいためにドル買いの需要が高くなるという傾向があります。

こうした特徴や政府の動きなどを察知して円安になりそうだな!円高になりそうだな!という大まかな予測を立てて取引をすることでどちらに賭けようというギャンブルみたいになることを避けることが出来るということになります。

どんな人がやっているのか?

FXをやっている人はお金を持った一流の「投資家」のみと思っていませんか?全くそんなことはありません。FXの魅力の一つとして少ない資金で始めることが出来ます。資金10万円でやっているという人もたくさんいます。もちろんお金を持った人たちがたくさんやっていることは事実ですが、その人たちと一緒にFXをすることが出来るようになっています。

レバレッジを使って少ない資金でも利益を得ることが出来る

FXには「レバレッジ」というものがあります。この「レバレッジ」というものは「テコの原理」を意味するもので少ない資金でも「大きな投資」をすることが可能となっています。

10万円の資金でレバレッジを10倍賭けると手元にあった10万円が「100万円」として取引することが出来るというものになります。この100万円を1ドル100円の時に購入して1円上がるだけで何と「1万円」の利益を出すことが可能となっています。

ですが、反対に1円下がることで1万円の損失になってしまうということにもなります。このレバレッジというものは「ハイリスク・ハイリターン」のものとなっているのでレバレッジをかけて投資するのは「諸刃の剣」であることを忘れてはいけません。ですが予想が当たれば大きく儲けを出すことが出来るのも事実なので上手な付き合い方が出来れば少ない資金でも大きな利益を求めることが可能となっています。