トレダビの使い方ガイド!

トレダビに登録したけど使い方がわからない!という人や登録しようか悩んでいるけどどんな感じなのか知りたい!という人もいると思います。
そこで今回は「トレダビの使い方」をテーマにどんなことが出来るのか?などを紹介しながら使い方をガイドしていきたいと思います。

トレダビのトップページ

最初登録したばかりがこのような画面となります。
写真を撮影したときが株式市場が終わっていましたので右上の部分は「終了」になっていますが普段は「前場」や「後場」などになっています。
資金管理をしていくのが「トレダビ」の使い方になります。
最初に保有している「バーチャルマネー」は1,000万円からのスタートになります。
これは拡大したものになります。
ここに自分の情報が取引を始めると出てきます。まだこのアカウントでは取引をしていないので損益も順位もすべて0となっています。

「総資産額」

自分が今現在持っているバーチャルマネーと保有している証券の現在価値を足したものが「総資産額」として反映されています。

「評価損益」

保有している証券を購入したときの価格と時価(現在の価格)の差額のことになります。その時点で売却してしまえば損益が確定します。

「現物買取余力」

株式を取引のために使うことが出来る金額のことになります。

「信用建余力」

信用取引において「信用買い」「信用売り」が出来る金額のことになります。

株の購入方法

最初はどんなものかを知るためにも「おすすめ銘柄」を購入してみて使い方を覚えるがいいでしょう。トップ画面に「おすすめ銘柄」や「おすすめオリジナル銘柄」「ランキング上位者が注目している銘柄」というものがでています。
・現物買
・信用新規買
・信用新規売
のどれかで購入することになります。これが実際の購入画面になります。左に「始値」や「終値」などの情報が記載されていて右側で購入になります。
区分は先ほど選んだものになります。
数量は単元100株ずつ選ぶことが出来るようになっています。
条件は「成行」「指値」「逆指値」があり、
3,000円~5,000円は5円単位
5,000円~30,000円は10円単位で注文を入れられるようになっています。

期限は当日からその週の最終営業日までとなっているので通常であれば金曜日ということになります。そのため最高でも月曜日から金曜日までの5日間ということになります。

ミッションをこなして「レベル」「投資力」をあげよう!

トレダビにはたくさんのミッションが用意されています。
それをやらなくてはいけないというわけではありませんが「初心者」の人ならば必ずミッションをこなしたほうがいいでしょう。
その理由は、ゲームなどをしてレベルを上げるためにミッションやストーリーというものをこなすと思います。それによって戦い方がわかったり必殺技が使えるようになってくると思います。それと同じでトレダビでも最初は「新規注文を1回してみよう」というような簡単なものから始まります。徐々に「建玉の評価損益をプラスにしよう」などのミッションになっていきます。
ゲームでもクリアできないものや意味がわからないものならば「調べて」「挑戦」してダメなら「対策」をして再度挑戦すると思います。
ゲームをクリアするように一つ一つクリアしていくことで操作を覚えることが出来るだけではなく初心者の道しるべになっているのが「ミッション」ということになります。

「レベル」とは?

トレダビのミッションをこなしていると「レベル」と「投資力」というものがあがります。ですがこのレベルとはなんなのでしょうか?

ミッションをこなすとその成果に応じて経験値が積まれていき、レベルがUPしていきます。
様々なレベルの方が多数参加しています。
スキルアップの目安に上位を目指して頑張りましょう。
引用:トレダビ

「投資力β」とは

あなたの株式投資の腕前を10級(低)から1級(高)の10段階で評価します。
過去の取引データの売買タイミングからリスク値を算出し、低リスクな取引を良い取引として評価しています。
(ベータ版ではデイトレード等の一部取引は評価対象外としています。)
引用:トレダビ

となっています。
結局「レベル」や「投資力」などをあげることで受けられる「恩恵」というものが気になりますよね?
ですが、残念ながら現状ではなにもありません。ですが公式に「今後は実装する予定」となっていますのでレベルや投資力を今のうちにあげておくことで今後なにかしらの恩恵が受けられるかもしれません。

トレダビの使い方ガイドのまとめ

トレダビは証券会社の研修でも利用されるようなきちんとしたものでありながら「バーチャル株式投資ゲーム」と公式に言っているので投資を難しく考えている人ほどゲーム感覚でやってみるといいかもしれません。
実際にはリアルマネーを使って取引をすることになるため感情が入ってきてしまいがちですが、投資の世界で感情はもっとも必要ありません。
勝っている人ほど感情ではなくデータやルールに沿って取引をしています。
そのためバーチャルマネーでは勝てるけど実際の取引になると勝てないというのも感情が邪魔をしていることが多くあります。
ゲーム感覚で取引をしてやりかたや操作を覚えて練習して実際の取引でも心構えを変えずにできるように訓練しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です