仮想通貨ってなに?どう使うの?

仮想通貨と言えば、一時期ブームとなり仮想通貨で資産が1億円を超えたことで「億り人」なんて言葉までできました。そんなブームとなり過ぎ去ったかのように思われがちですが、実際のところそんなこともありません。

それに仮想通貨の歴史を辿っていくと投資目的ではなく作られたものでした。では、そんな仮想通貨ですがどんな使い方ができるのでしょうか?
仮想通貨の使い方や現在の状況などを交えて解説していきたいと思います。

仮想通貨ってどんなお金?

そもそも仮想通貨って言われているものはなんなのでしょうか?

暗号化されたデジタルの通貨であり、特定の国家による価値の保証がない通貨ということになります。

どういうことかというと、普段私たちが目にしている紙幣というものは日本国によってその価値を保証している通貨となります。

それを「法定通貨」といい、ただの紙切れであるお札が「千円札」「五千円札」「一万円札」として日本国が保証しています。それによって日常の買い物であったり支払いに利用することができるようになっています。

それに対して仮想通貨とはまず紙幣や硬貨と言われるものがなく、インターネット上に存在するだけのお金であり、日本国はもちろんアメリカや中国などといった国家による保証がされていない通貨となります。つまりはどこの国のお金でもないけど、どこの国でも利用者さえいれば使えるということになります。

仮想通貨の利用方法

では、どんな利用方法があるのでしょうか?

投資目的

まずは「投資目的」ということになります。
ビットコインが初めて通貨として認められた事例がピザ2枚と1万BTCの交換でした。それによって市場では価値が生まれてどんどん伸びるようになりました。
2017年12月17日の過去最高金額で言えば1BTC=2,227,388だったので、ピザを交換した1万BTCは22億円になっていました。
ですが、ハッキング被害や規制などにより徐々に価値が下がっていき2019年1月3日には1BTC=413,344まで落ち込みブームが去ったように思われましたが半年後には約三倍ぐらいまで価値が上昇しました。
またビットコイン以外の仮想通貨の価値もこの数年、もしかしたら数日で価値が一気に上がるなんてこともあるかもしれません。
その何倍、十倍も資産が上がるかもしれないということで現在では「ハイリスク・ハイリターン」ではありますが、投資としてはこれ以上ないくらいの商品となっています。

海外送金

もともと仮想通貨は「国家や銀行を介さずに使用できる通貨」として生み出されています。日本の銀行から海外に送金しようと思うと、手数料と時間がとてもかかります。それに加えて昔に比べてだいぶ無くなりましたが、手間もかかります。

海外送金には「SWIFT(国際銀行間通信協会)のシステムが使われています。そのためにどこの国にも送金することができるようになってはいますが、送金先の国によって中継しないと送金できないようなところもありますので、手数料も割高になってきます。

ですが、仮想通貨であれば銀行を経由せずに送金ができるために海外でも関係なく手数料を大幅にカットすることができるようになっています。

決済サービス

ニュースでも取り上げられていたことから知ってはいる人などもいるでしょうが、「ビックカメラ」や「ヤマダ電機」などの大手家電量販店にて、ビットコインによる決済ができるようになっています。
値動きが激しいために決済として利用する人が少ないのが現状ですが、キャッシュレス化が進められている現代に置いて仮想通貨による商品購入もどんどん増えていくことになるでしょう。